格安航空会社を利用する場合の注意点とは?

航空券のキャンセル料

航空券のキャンセル料はシーズンや航空券の種類、航空会社によって違います。大手の航空会社から航空券を購入した場合、なるべく早めにキャンセルすれば払い戻し手数料のみで足りることがあります。この場合はキャンセル料がかかります。またこの規定は正規の運賃に適用されるものです。早期に予約をして割引を受けているなどの場合は、各運賃規定に則ってキャンセル料と払い戻し手数料がきまります。セールなどで安く購入した場合は、ほぼキャンセル料と払い戻し手数料が必須です。
旅行代理店から格安な航空券を購入した場合、キャンセルするには旅行代理店の規定に従う必要があります。もし予約の段階で航空券が発券されていなければキャンセル料は不要です。払い戻しの手数料のみ必要になります。

キャンセルする際の注意点とは

航空券をメインとして扱う旅行代理店では予約と同時に発券するのが一般的です。航空券が発券されている場合はキャンセルするのにキャンセル料と払い戻し手数料が必要になります。一方でパッケージツアーの場合は出発日の1週間から2週間前にまとめて発券されるケースが存在します。ツアーを申し込んでまだチケットが発券されていなければ、キャンセル料がかからず払い戻し手数料のみで足ります。
LCCから格安な航空券を購入した場合もキャンセルが可能です。条件は購入時の運賃プランによって異なります。プランによってはキャンセルできないケースも存在します。LCCを使えば交通費を大幅に抑えることができますが、プランによってはキャンセルできないことがあるので注意が必要です。

ヤートラルートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です